新劇場版ヱヴァンゲリヲン 破 2回目

「破」、2回目見に行きました。
同じ映画を2回映画館に見に行くとか…人生初だわー。
そんなわけで2回目で気が付いたことを徒然と。


■仮設伍号機と第3使徒
戦っている相手が第3の使徒って言われてサキエル(TV版第3の使徒)だと思ってたけど、よく考えたら新劇場版のサキエルは第4の使徒。
ネブカドネザルの鍵を加持が「ロストナンバー」って言ってるのが気になる。こいつの一部じゃないんでしょうかね?
つか、こいつのデザインって「ぼくらの」の鬼頭さんか!
■赤い海
第7の使徒マリトエルが海面に氷張って、海に足を突っ込まないようにしてたのが謎。
他の生命同様にこの海は使徒にとっても毒なんだろうか?酸みたいなもん??
■ミサトの見た光の巨人
4体…だと!?
TV版は1体で、しかもまんま初号機だったのに対してずいぶん変わってる様子。
■アスカのゲーム機
音からしてワンダースワン。
ソフトは使徒育成計画かな?
■第7の使徒
よく見直してみれば、すごい板野サーカス。
1回目見終わった後に色々情報かき集めて知ったけど、この話のセル画が無くなったからオール書き直しなのか…
つまり、こいつは第4使徒ぐらいの変化で終わる可能性があった…と。
■第8の使徒
初号機が受け止めたあと、弐号機と零号機が駆け寄る寸前に両翼部分のヒレがスラスター化してますね。
■マリ
マリのプラグスーツは5番の刻印でカヲルと同型のスーツ。
新世紀エヴァンゲリオンを破壊するためのヱヴァンゲリオンのキャラだけど、その目的等は2回見てもやっぱり不明。
こればっかりはQ待ちだなぁ…
■アスカ
初号機に噛み砕かれたシーンでアスカの断末魔っぽいのが聞こえた気がしました…
今回のヱヴァの評価で「面白くなかった」という人の大半が3号機の話が嫌だったということ。
旧版エヴァの時も「面白くなかった」って人は「話が難しい」と「人の死ぬシーンの生々しさと残酷さ」
アスカはあの扱いなのに、直後のレイに関しては同じ絶望状況でヒロインをやりとげ、救われている。
総合して考えればアスカというキャラの扱いの適当さに腹が立つってことだと思える。
この部分だけ見れば、製作者は作品に愛が無く「俺はすごいモンを作ってるんだ」ってところだけ見せ付けてる感じもする。
多分、ここを容認するかどうかで評価が分かれるんだろうなぁ…
■初号機とマークⅥ
アダムそのものを使っているマークⅥと覚醒初号機のエネルギー化を見るに、初号機はセカンドインパクト時に出現した光の巨人そのものを使って作られてると思われる。
■弐号機
ゼルエル戦での損傷が、両腕&頭部を損失した旧版に比べて、左腕、右わき腹、右側頭部で済んでる。
■残りの使徒
あと3体。カヲルと…あと何が来るんだ?
アラエルは既に第9の使徒で精神汚染付きでやっちゃてるから無いし、アルミサエルは零号機が消失した今どうしようもない気が…
新使徒?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください