ガンスリンガーストラトスが楽しすぎて財布が薄くなる探検ドリランド第3話「探検の仲間!? ウォーレンス」

ガンシュー勢、絆勢、EXVS勢、FPS勢、格ゲー勢などなど色々な勢力が参戦しているガンスリンガーストラトス、好評稼働中!
あ、すいませんドリランドのレポートでしたっけ?

さすがにそろそろハルカちゃんの出番をOPED以外にも増やさないと、俺のストレスがマッハなんだが。


★珍しく衝突するミコトとウォーレンス
「甘ったれの姫君が、ハンターになどなれるわけがない」
普通のお姫様キャラだったらともかく、ここまで戦えるミコト姫ならやれるんじゃないか?
しかしこの場面の「な! れ! る!」の表情のミコト可愛いな。
ワンチャンブヒれる。
★お宝の発見に定評のあるポロン

実はこいつ、運営の手先なんじゃないか……?
とその先には蜘蛛型モンスター。
コイン(お宝)を利用するのを考えたのがモンスターだとしたら、なかなか知能指数の高いモンスターってことになる。
前回のギガントバードやら前々回の騎士モンスターやら、ドリランドのモンスターって頭いいのな。
「お荷物な奴め……」
ほら、やっぱお荷物だったじゃん。
戦力外系銃士の称号は伊達ではない。
「謝る? 何をです?」
実際ここでウォーレンスが謝る意味ってないよねさすがに。
「自分の身は自分で守る。探検の鉄則だ、覚えておけ」
「仲間だ助け合いだなどと、甘いことを言っているようでは、ハンターにはなれませんよ」
ここまであからさまだと、過去にハンターだったかハンターだった大事な人を亡くしてるかどっちかだよね。そのどっちもって線もあるけど。

★崩落する迷宮
やっぱりポロンは顔芸要員だったか……

★はぐれるパーティー
「やっぱり、いい」
「だって、ウォーレンスが言ったんだよ。自分の身は自分で守れって」
そりゃまぁミコトとしても

★捕まったウォーレンス
「おーい! 誰かいないかー!」
モンスター通った直後にそんな大声出したら気づかれるだろjk……
しかし気付かない大型Mob。アホなのかそれとも気付いててスルーしてるのか。
どこか抜けてるのはファンタジー生物らしいけど、頭いいんだからそういう抜け方はするなよwww

★ウォーレンスの過去の予想
「よく知ってるんだね、ウォーレンスさんのこと」
上にも書いたけど、まー大方元ハンターってのが妥当でしょうね。
それにしても、姫の教育係というかお目付役で数年前から一緒ってことは、ウォーレンスとミコトって結構年離れてるんじゃないか?

★決着
「ウォーレンスさん、当たったらごめんねぇ……!」
モンハンのディアボロス戦で段差上シューティングゲームするかのような配置を言い渡されるポロン。
そして見事にウォーレンスの頭の上を掠めて、モンスターのどてっぱらに命中。ポロンの射撃って威力だけはあるんだなwww
逆にこれ避けてなかったら、さすがのウォーレンスも死んでるよね。

★ウォーレンスの仲間
無意識にかなんか知らないけど、ポロンを仲間だと認めるウォーレンス。
盛大なツンデレであった。
しかしまぁ、それにしては薄っぺらいツンデレである……。
今回の流れ的に、ミコトをハンターとして認めるならわかるんだけど、ポロンを仲間として認めるのは結構苦しいものがあるぞ。
決めるべきところで(運要素もあったといえ)決められたから、という流れなんかねぇ……?
今回は特に話薄いというかなんというか。気がついたら今日も話が終わってたとかそういうレベルでした。
キャラ萌えはかろうじて出来そうだから、もしかしたら一冊や二冊は夏に薄い本が出る可能性がGN微粒子レベルで存在する……?
次回は女海賊アルビダ登場! ちょっと可愛いから期待できそう。
ま、ハルカちゃんには敵いそうにないけどな!

ガンスリンガーストラトスが楽しすぎて財布が薄くなる探検ドリランド第3話「探検の仲間!? ウォーレンス」」への8件のフィードバック









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください