第一回身内大会

ってことで、第一回身内ミニ四駆大会をやってきたというレポ。
ルールは前回のこれ


■各者の購入マシーン&パーツ。
 
さちこ  サイクロンマグナム(ARシャーシ)

キット付属のホイールに72ミリシャフトで貫通タイヤを作るよく分からない意気込み。
バンパーレス化してリヤ用FRPをフロントに付けたら、ボディキャッチが嵌まらなくなると言うギャグみたいな状況に陥った。
純(sumi)  ハリケーンソニック(ARシャーシ)

練習走行は安定していたけど、本番はソニックなのに安定しないオチ付き。
サイドアームを買ったことにより、ブレーキが購入できなくてバンクで苦しむことになった。
SCハート  ジルボルフ(MAシャーシ)

軽量化の練習の為にシャーシ切断&穴あけをしていたら時間超過してしまった1号。
軽量化しただけあって、骨な感じになったシャーシはMAなのにかなり軽量。
バリエント  サンダーショットMk.II(MAシャーシ)

3000円という限られた資材の中でまさかの提灯搭載し、安定度抜群。
が、練習走行で分解し、ただでさえ少ないパーツをさらに無くすと言うトラブルに見舞われた。
■組み立て
軽量化を構築序盤からやりだして制限時間内に全員が組みあがらないという盛大な出だしからスタート。
なんとか組みあがるも、練習走行で分解とか、予想より早くてコースアウト連発とか、練習走行→本番の間にモーターが覚醒してタイムアタックできなかったりとかギャグみたいな第1回。
■レース
タイムアタックの結果からポジション取りし、総当たり戦。
マグナムとソニックが安定しなくてコースアウト連発。
・・・・・・いやまあ、マグナムはスピードだけなら一番早かったよ?

ってことで、第一回の結果は下記の通り。
1位:SCハート
2位:バリエント
3位:さちこ
4位:純(sumi)
MARのコースを3000円内の構築でどうにかするのは初心者には難しかったよ・・・
第二回のお題は帰りに2分で作ったくじ引きアプリを純(sumi)さんが引いた結果、「チューン系」限定に決定。
タイムアタックとバトルの二通りやりたいなぁ。

第一回身内大会」への4件のフィードバック


  1. >マグナムとソニックが安定しなくてコースアウト連発。
    マグナムに関しては原作通りだな




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)