ミニ四駆グランプリ2018 Spring東京大会1

3/18に品川シーサイドで開催されたスプリング東京大会に参加してきました。

先月末のステチャレで半年以上刻し続けていたメインマシンがボディ・シャーシ・フロント提灯ともにご臨終なされたので、2018年用に新造しました。

相変わらずのウイニングバードをウェイブライダーっぽく作ったARマシン。

今回のコース。

温度が上がらないのでスプリントやマッハを積んでもスピードが出ないのとのこと。

とりあえずチェックインしたら後3人で午後行きというギリギリ具合。
いつもどおりMAR合同ピットにお邪魔させてもらってリアマスダンをイシダンパーに変更し、準備できたらレース。


途中までトップ争いしてたのに、4週目でドラゴンバックから30°バンクを飛び越えるという大気圏突入もとい、大気圏離脱をやらかしました。
30°バンクのほうにいたおじさんがきっとジ・オぽかったから思わずウェイブライダー突撃しちゃったんだね…
ってことで、2次出れないしぎりぎり11時15分ぐらいなのでコンデレに投げつけて終了。
コンデレの説明に「実走車」と書くぐらいの配慮はしておくべきだったか……
「バ○ダイのプラモデル」って書いてタミヤを煽るとしか考えてませんでしたわw

コンデレ審査終わったらいつもより睡眠時間が短かったのと、花粉症で呼吸しづらくて寝不足気味が続いていたのもあってさっさと退散。
そんなこんなでSpring東京大会1は終了。
Spring東京大会2も受かっているので、今回の反省点(フロントダンパーが軽すぎた)を修正しておきますかね。
ステチャレ2期も始まるので、Spring東京大会2も含めて4月も何回かレースに出る予定。

ミニ四駆グランプリ2018 Spring東京大会1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ミニ四駆グランプリ2018 Spring東京大会2 | フレイグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.