ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第7話「魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人」

ロード・エルメロイ
オルガマリーは不幸可愛い。

ロード・エルメロイ
■魔眼蒐集列車
「それ自体が異界に等しい」
ヤバさしか感じない。

■ロリオルガマリー
別世界での10年後の運命を考えるとなんとも言えない。

■カラボー・フランプトン
聖堂教会の人間ってあれな人ばかりだから、この人の割と誠実な性格設定にびっくりだよ。

■夜這いの常連です!
でもエルメロイ2世は童貞。

■3日後のオークション
結構時間猶予あるよね。

■獅子GOさん
荒事調査にはもってこいの人材。

ロード・エルメロイ
■どこに動じれば良かったんでしょうか?
グレイが純粋なのもあるけど、もはや信頼関係は恋愛感情を通り越しているフシもある。

■扉の間の手紙
キャッツカード!

■聖杯戦争の話の適任者
現在生存している聖杯戦争の参加者ってウェイバーと言峰ぐらいだしなぁ。

■虹の魔眼
オフェリアでさえ宝石の魔眼だからなぁ。

■体調不良のグレイ
薄い本というか2次創作なら妊娠扱いされてそう。

■魔眼を持つということは魔眼に縛られる宿命
直死の魔眼持ちの志貴や式もそんな感じだ。

■事件の始まり
マミったー



せやろか?   ((
            
  〃´⌒ヽ   ( (( ))ノ. i 毎日1話づつレビューをやれば
  l 从ノハ )  (´ <_
*W    FGOアニメ開始と同時に終わらせれるはず
  ノ_ノ ゚ ヮ)ハ  /  ⌒i   
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_i |
.  \/_  /   ヽ⊃

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第7話「魔眼蒐集列車1/6 旅立ちの汽笛と第一の殺人」」への5件のフィードバック






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください