投稿者「フミカ総長」のアーカイブ

こういうのって懺悔になったりするんですかね・・・?

どうも最近暖房のタイマー(起動)を付け忘れると寒くて朝布団から出れない受験生のフミカです。
さて今回は日付で言うと昨日ですが今日塾の冬期講習に行くときにあった話(悲しいけどこれって実話なのよね・・・みたいな)です。
私が塾に行くため電車に乗ったとき、車内は少し混んでいて「今日は座れなさそうだな・・・。」と思って辺りをよく見回すと車両の中の端っこのほうの大人3人くらいが座れる座席に見方次第で17,8歳にも中年にも見える男性1人しか座っていなかったので「今日はついてるね~。」と軽い気持ちでその座席に座りました・・・。
今思えば私は何て軽率な行動をしてしまったんだろうと後悔していますがもう後の祭りなんでこれを書き終わったら泣いて忘れようと思います・・・。
その1人分間を空けて座っていた男性は足元に大きいビニールの手さげカバンみたなものを置いて何やら薄~い本を読んでいました・・・。
私は最初塾の教材(自分の行っている塾の冬期講習の教材は薄かったため)か、薄めの雑誌、旅行とかのパンフレットを見ているのかと思いました・・・。
しかしその実態は4コマの同人誌でした・・・。

(さらに…)

風呂も戦場なんですよ

今日風呂に入っていた時のこと、髪を洗っているとシャンプーが目に入る・・・。
「ギャーーーッ▲キ○×ック◎ゥゲ☆ジュ●◇フォ■ーーーーーー」
・・・・人間の発する声ではありませんでした・・・・。
今までも何度かシャンプーが目に入ることはありましたがこれほどの痛みを味わったのは初めてでした・・・おかげで顔を洗うために手に持っていた比較的まだ新しい石っけんを握り潰してしまいました・・・。
「このシャンプーは私を殺すために誰かが送り込んだ刺客だとでも言うのか!?」
そんな独り言をつぶやきながら私は風呂の時間を過ごしました・・・。

これこそやる気、至福のとき・・・

どうもフミカみたいなものです。
タイトルはロッシェ・ナトゥーノ風に言ってみたかっただけですすいません・・・。
前回書いたやる気のないやる記をトップに置きっぱにしとくのが辛いんでとりあえず何か書きます。
今日は何かよかったこと・・・・・無かったな・・・・。
じゃあ面白いこと・・・・・も無かったな・・・。
今日やったことと言えば・・・学校に行く→帰宅→塾に行く→帰宅→取引→やる記を書いている今現在・・・・やっぱり何も無い・・・。
まぁそんな毎日毎日何かあるわけじゃないですしね・・・・やること無いし寝ますか・・・。
ハッ、そういえば確か明日は模試・・・・・・・・・・寝ますか・・・・それでは皆様オヤスミナサイマセヨイユメヲ・・・。

南国アバンチュールもままならぬ・・・

どうも、このままコールドスリープできたらな・・・と思っているフミカです。
最近めっきり寒くなったのに学校は暖房をつけてくれないんで教室で震えている生活を過ごしています・・・。
まぁそれだけなんですが・・・・ああ・・・夏が恋しい・・・。

一体何がおかしいっていうんだ・・・

どうも、最近ろくに勉強してもいないのに睡眠不足に陥っているフミカです。
今日とある人物にいきなり誘われてファミレスに行きました。
料理を頼む時に私がカロリーの数値を見ていると「亜斧君、普通男の子はカロリーは気にしないと思うけど・・・。」と言われました・・・。
以前にも何度か同じことを言われましたがやはり男子がカロリーを気にするのはおかしいことなんでしょうかね・・・?
別に太ってるとかそういう訳じゃなくただ「ふ~んこの料理はこれくらいのカロリーなんだ~。」とそんなのりで見てただけなんですけどね・・・。

本、それは人の生き様を移し描いたもの・・・

どうも、昨日昨年度担任だった頭の薄いY先生のおでこを「ちみ~しかりやってくれないと困るんだよね~。」とか言いながら延々にペチペチ叩いているという一種の悪夢を見たフミカですらっしゃい。
今日昼過ぎに本屋に行きました。
そこで雑誌を含んだ本3冊(2120円税込み)を買うことにしました。
不況と呼ばれるこのご時世2120円の出費はなかなか痛いものですが私には心強い味方がいました。
この本屋では100円のお買い上げ毎に10ポイントのポイントがつき1ポイント1円として使うことが出来るのです。
ちなみに私の現在のポイントは910ポイント。
「フフフ・・・これを使えば1210円で買うことが出来る・・・・カード作成に500円かけたかいがあるってもんよ。」
レジで店員に高らかに「すいませんポイントを使いたいんですけど。」と言うと予想だにしない返事が返ってきました・・・。
「すいません、このポイントカードは1000点以上溜まってないと使えないんですが・・・・。」
「何!?」カードの裏を見てみる・・・・確かに書いてある・・・・。
・・・私としたことがこんなところを見落としているとは・・・・。
仕方がなかったので2120円支払い財布に小銭だけ残った状態で家に帰りました・・。
普段ならここで終わるところなのですが悲劇はもう一つ待っていました。
家に帰った後英単語をやるために机に着きました・・・・その時机の隅に一つの封筒があるのに気がつきました・・・・。
「何だろう?」封筒を開けてみる・・・・。
図書券・・・・2週間ほど前に参考書を買うときに親からもらって余ったもの・・・・1500円分・・・。
自分の中で何かが砕けました・・・。
「ウッウッウウウウウゥ~ッ」泣きました・・・・そして壁に両手をついて頭を何度もぶつけました・・・・。
「何でだろう?私何でこんな些細なことに気づかなかったんだろう?こんな・・・こんなに自分が無力だったなんて・・・・。」
泣く泣く財布に図書券を入れて不貞寝しました・・・・。

あなたに死の華を

フミカですらっしゃい。
それは今日の昼頃最近見る暇がなく溜まっていたビデオを見ていた時のことです。
ピンポ~ン。・・・・インターホンが鳴りました。
ビデオを一旦止めてインターホンに出てみると新聞の勧誘でした・・・しかも今とっている新聞社の・・。
丁重にもう既にとっていることを説明して帰ってもらう・・。
ビデオ再生し直してから約5分後・・今度は家の電話が鳴り出す・・・。
ビデオを止め出てみると家庭教師の勧誘・・・丁重にお断りして電話を切る・・・。
ビデオを再生し直す・・・約10分後にまたもやインターホンが鳴る・・・ビデオを止め出てみると回覧板が回ってくる・・・。
1度ため息混じりの深呼吸をしてビデオを再生し直す・・・案の定今度は携帯が鳴り出す・・・・見てみると1度電話し始めると最低1時間は一方的に話す友達・・・悪いけど今あなたと1時間フリートークをする気はないのでパス・・・。
ビデオを再生し直す・・・約20分後忌まわしき過去を忘れかけてた頃に家の電話が鳴り出す・・・。
その瞬間私の中で種がはじけました。
「キラ~!!」インターホンをはずす!!家の電話の電話線を抜く!!携帯を無音無振動にする!!外から明かりがついてるのを発見されないようにするためカーテンを閉め居間以外の電気を消す!!
完璧です・・・何処にも盲点なんか無い!!安心してビデオを再生し始める・・・。
約5分後弟が帰ってくる。
別に見られたら困るようなビデオを見ていたわけではないのですが私はTV、ビデオを見るときは静かに一人で気兼ねなく見るのが好きなタイプです。
瞬時に種覚醒し弟の腹部に一撃!!「お前が生きていてくれたことは嬉しい・・・だが事と次第によっては貴様でも許さんぞ!!」お腹を抱えてうずくまっている弟に言い残し、弟の部屋を去りました・・・。
不確定要素のためビデオは明日に延期することにしました・・・。
「タイムアップだイザーク!!」「これ以上はこっちのエネルギーがもちません!!」ふとそんな言葉が脳裏に響きました・・・・。

本名で呼んでくださいよ・・・

らっしゃい、フミカです。
昨日の話なんですが昨日学校の友達4人とボウリングに行きました。
その時の話です。その友達は皆ガンダムSEEDの話がわかる人達でちょっとふざけた気持ちで名前を私がアスラン、友達がそれぞれオルガ、サイ、ラウ、ディアッカと登録してその時混んでいたためゲームコーナーで場所が空くのを待っていました。
約10分後、1投目のところに名前を書いた私の名前が呼ばれました。
「桜区にお住まいのアスラン・ザラさん、御順番が回ってきましたので受付までおこし下さい。」
ブッ!!サイ君が飲んでたジュースを吐きました・・・。
・・・・恥ずかしい・・・すごく恥ずかしい・・・・何で?
・・・何で本名で呼んでくれないんですか?ちゃんと責任者のところに本名書いたじゃないですか?・・いじめですか?
・・・アニメでアスランがいじめられてるから現実世界でもいじめられるんですか?
半泣きで受付に行くと案の定半分以上の店員が笑っていました・・・。
いつか・・いつかあの店にありったけのサイクロプスとグン・グニールをお見舞いしてやる・・・・。

18禁ロボ見てふと思ったこと・・・

どうも、いつも長々と書いてすみません、フミカです。
今日はロボットについて書きます。理由はわかりません!!
ただこの半死半生の頭が書け書け煩いので・・・。
さて本題に入りますが、私は小さい頃からロボットが大好きでした。
中でもライジンオーや勇者特急マイトガインなんかは特に好きでした。
当時はお小遣いなんか貰ってなかったんで何度も親に頼み込んでで買ってもらいました。
その現物を最近ふと整理していた時に見つけました。
そして普通の人なら若かりし頃の自分を振り返って感動したりするのでしょうが私の第一声は・・・
「ウワッ、ダサッ!!」。
・・・・決してロボットが嫌いになったわけではありません。
今でもサンライズ英雄譚やブレイブサーガ、スーパーロボット大戦は大好きです。」
私がださいと思ったのは脚が、首が、胴体が・・・・全く動かないんです・・・。
かろうじて動く腕も何か微妙です・・・・。
仕方がないんです、変形するんですから!!
そう当時からロボットはちゃんと変形、合体するのが売りでしたから・・・・ただその代わりに涙が出る程稼動しないんです・・・。
蹴りの表現ができない・・・・。
横を見ることが出来ない・・・。
何か変形、合体前の面影が随所に残っている・・。
それでも買い続けた勇者シリーズ・・勇者シリーズLOVEですよ・・・。
今思えば私は稼動範囲を求めてプラモを作り始めたのかもしれません・・・。

所詮自己満足ですよ~だ・・・どうしよう・・

夏・・なんですよね?
ここ最近雨がよく降ってたんでついまだ夏じゃないという錯覚に見舞われていたフミカです。
今日は学校のクラス登校日でした。
で朝のホームルームが始まるまで友達と雑談してたのですが、出た話題は最近のテレビやゲームの話と遊びの話など等・・・ふと気がついた。
「あれ?・・・私ってそういえば今年受験だっけ?」
・・・・気がつけばもう7月の終わり・・。
「やばい、これは非・常~にやばいのでは?」そう思ってあたりを見回して見ると・・誰も勉強してない。
というか勉強の話すらしてない。
今まで忘れてた私も私だけど君等は勉強しなくていいのか?それともこれは余裕の表れなのか?
恐る恐る一人の生徒に聞いてみる・・・。
「あの、つかぬことを聞きますが受験勉強やってたりする?」運命の別れ道・・・
「ううん、夏期講習以外自主的には何も・・。」・・来た~。
この調子であと4人ほど聞いてみる・・・・。
結果5人中4人自主的には何もやってないという回答が返ってきました・・来た~。
とりあえずまだ間に合うという結論に達し1人で自己満足にひたっていると先生が教室に入ってきました。
先生の話の中の一言「まさかまだ勉強を始めてない状態で受かるなんて思ってないだろうな?」
登校日は終わり、私のはかない希望は見事に砕け散りました・・・。