フミカ日記」カテゴリーアーカイブ

こういうのって懺悔になったりするんですかね・・・?

どうも最近暖房のタイマー(起動)を付け忘れると寒くて朝布団から出れない受験生のフミカです。
さて今回は日付で言うと昨日ですが今日塾の冬期講習に行くときにあった話(悲しいけどこれって実話なのよね・・・みたいな)です。
私が塾に行くため電車に乗ったとき、車内は少し混んでいて「今日は座れなさそうだな・・・。」と思って辺りをよく見回すと車両の中の端っこのほうの大人3人くらいが座れる座席に見方次第で17,8歳にも中年にも見える男性1人しか座っていなかったので「今日はついてるね~。」と軽い気持ちでその座席に座りました・・・。
今思えば私は何て軽率な行動をしてしまったんだろうと後悔していますがもう後の祭りなんでこれを書き終わったら泣いて忘れようと思います・・・。
その1人分間を空けて座っていた男性は足元に大きいビニールの手さげカバンみたなものを置いて何やら薄~い本を読んでいました・・・。
私は最初塾の教材(自分の行っている塾の冬期講習の教材は薄かったため)か、薄めの雑誌、旅行とかのパンフレットを見ているのかと思いました・・・。
しかしその実態は4コマの同人誌でした・・・。

(さらに…)

風呂も戦場なんですよ

今日風呂に入っていた時のこと、髪を洗っているとシャンプーが目に入る・・・。
「ギャーーーッ▲キ○×ック◎ゥゲ☆ジュ●◇フォ■ーーーーーー」
・・・・人間の発する声ではありませんでした・・・・。
今までも何度かシャンプーが目に入ることはありましたがこれほどの痛みを味わったのは初めてでした・・・おかげで顔を洗うために手に持っていた比較的まだ新しい石っけんを握り潰してしまいました・・・。
「このシャンプーは私を殺すために誰かが送り込んだ刺客だとでも言うのか!?」
そんな独り言をつぶやきながら私は風呂の時間を過ごしました・・・。

これこそやる気、至福のとき・・・

どうもフミカみたいなものです。
タイトルはロッシェ・ナトゥーノ風に言ってみたかっただけですすいません・・・。
前回書いたやる気のないやる記をトップに置きっぱにしとくのが辛いんでとりあえず何か書きます。
今日は何かよかったこと・・・・・無かったな・・・・。
じゃあ面白いこと・・・・・も無かったな・・・。
今日やったことと言えば・・・学校に行く→帰宅→塾に行く→帰宅→取引→やる記を書いている今現在・・・・やっぱり何も無い・・・。
まぁそんな毎日毎日何かあるわけじゃないですしね・・・・やること無いし寝ますか・・・。
ハッ、そういえば確か明日は模試・・・・・・・・・・寝ますか・・・・それでは皆様オヤスミナサイマセヨイユメヲ・・・。

 愚痴みたいになってすみません・・

ハァ、フミカです・・・。
とある人物に「書け書け」言われたので昨日の事を書きます・・・正直気乗りはしませんが・・・。
昨日放課後学校で私を含めて5人で今思えば本当にくだらない話をしていました・・・。
その話の中で私は「普通じゃない。」と言われました・・・。
正直私は腹が立ちましたがその時は作り笑いで無理矢理笑っていました・・・。
ただそれだけです・・・。
ふと昔我が師に聞いた「言いたい人には言わせておけばいい、その人はその程度の器の人間でしかなかったって思えばいい・・・。」という言葉を思い出しました・・・。

一体何がおかしいっていうんだ・・・

どうも、最近ろくに勉強してもいないのに睡眠不足に陥っているフミカです。
今日とある人物にいきなり誘われてファミレスに行きました。
料理を頼む時に私がカロリーの数値を見ていると「亜斧君、普通男の子はカロリーは気にしないと思うけど・・・。」と言われました・・・。
以前にも何度か同じことを言われましたがやはり男子がカロリーを気にするのはおかしいことなんでしょうかね・・・?
別に太ってるとかそういう訳じゃなくただ「ふ~んこの料理はこれくらいのカロリーなんだ~。」とそんなのりで見てただけなんですけどね・・・。

 弟は思春期

どうも、いつもより30%ほどテンションの低いフミカです・・・・らっしゃい・・・。
今回は我が弟カ・オル中尉についての話です。
先日私は学校の授業や塾の講義に使うため弟の部屋から電子辞書を盗りました・・・。
そして事は一昨日の塾の英語の講義で起こりました・・・。
適当に単語を調べたりしているうちに私は「履歴」という機能があることに気がつきました・・・。
今思えばサッと流せば良かったんです・・・。
しかし私は好奇心に刈られ履歴を見てしまいました・・・・。
そこには見てはいけないものがありました・・・・。
・・・フェチズム・・・情事・・・・など等これ以上は過激すぎてここには書けませんが色々調べた跡がありました・・・・。
兄としては非常に心苦しかったです・・・。これから私は弟とどう接していけばいいのか考えてみます・・・・。
悪夢を見ないことを祈りながらもう寝ます・・・。

アスラン・ザラ、ジャスティス改札から出れません!!

どうも、フミカですじゃけぇ。
今回は塾からの帰宅途中にあった話をします。
今日の帰りいつも通りにSuica(イオカード)を使い改札を出ようとしたらバタンッとゲートが閉められました。
「何故に!?」と思いながら改札機を見てみるとどうやら20円足りないらしい・・・。
「まあ仕方ないか・・・。」と思いながら精算機に行きました。
そしてカードを入れ、20円を精算しようとした時、私はあまりの惨劇に自分の目を疑いました。
・・・小銭が13円しかない・・・・あるのは5千円札のみ・・・・。
「精算機よ、君はたかだが20円のために5千円札を生贄にしろと言うのかい?」私が頭を抱えて悩んでいるうちにいつの間にか後ろに人が並び始めていたので泣く泣く5千円札を精算機に捧げました・・・・。
「てめ~、抹ッ殺!!」と心の中で虚しく叫びながらひっそり家に帰りました・・・ハァッ・・。

コーヒーめぇ・・・・

こんばんは、フミカですらっしゃい。
今回は昨日ネットが出来なかった都合により昨日載せる予定だった話を書きます。
昨日友達と大宮に行っていてふと「昼食を食べよう。」という話になりました。
そうしたら友達が「1度行ってみたい店があるんだけどいいかな?」と聞いてきたんで特に食べたいものがなかった私は二つ返事でOKしました。
そして行き着いた場所は・・・・コーヒーショップ・・。
私は小学2年生の時にブラックコーヒーを飲みすぎて吐いてしまったとき以来それがトラウマになっていてこの約10年全く飲んでいませんでした。
一応メニューを見てみる・・・予想通り飲み物はコーヒーしかない・・・。
私はこの10年間の間に克服できていると信じて大好きなココアが混ざっているモカというものを頼んでみました・・・。
見た目はココア・・・においはコーヒー・・・・「逆のほうが良かったな・・・。」と思いながら飲んでみました・・・。
最初はただ苦味があるだけでしたが飲み始めてから約30秒・・・・何か見えない力が私の頭に直接攻撃を仕掛けてきました・・・・。
友達が心配そうな顔で見てきましたがその時は何とかごまかせましたが家に帰った途端相当危ない状態になっていました・・・。

夏休み最終日前夜

どうも、今日二度寝をして「幸せだな~。」と思ったフミカですらっしゃい。
それは今日の5時過ぎにきた一通のメールが始まりでした・・・。
件名:男の頼み「実はさ、ポロロッカ(スーパー)にセー○ーム○ンのガシャポンがあってさ、魔界と違って恥ずかしくて1人でできないわけよ。そこで夜なってから一緒に行ってくれない?」という内容のメールを前総長の姫川バルから頂きました。
(さらに…)

あなたに死の華を

フミカですらっしゃい。
それは今日の昼頃最近見る暇がなく溜まっていたビデオを見ていた時のことです。
ピンポ~ン。・・・・インターホンが鳴りました。
ビデオを一旦止めてインターホンに出てみると新聞の勧誘でした・・・しかも今とっている新聞社の・・。
丁重にもう既にとっていることを説明して帰ってもらう・・。
ビデオ再生し直してから約5分後・・今度は家の電話が鳴り出す・・・。
ビデオを止め出てみると家庭教師の勧誘・・・丁重にお断りして電話を切る・・・。
ビデオを再生し直す・・・約10分後にまたもやインターホンが鳴る・・・ビデオを止め出てみると回覧板が回ってくる・・・。
1度ため息混じりの深呼吸をしてビデオを再生し直す・・・案の定今度は携帯が鳴り出す・・・・見てみると1度電話し始めると最低1時間は一方的に話す友達・・・悪いけど今あなたと1時間フリートークをする気はないのでパス・・・。
ビデオを再生し直す・・・約20分後忌まわしき過去を忘れかけてた頃に家の電話が鳴り出す・・・。
その瞬間私の中で種がはじけました。
「キラ~!!」インターホンをはずす!!家の電話の電話線を抜く!!携帯を無音無振動にする!!外から明かりがついてるのを発見されないようにするためカーテンを閉め居間以外の電気を消す!!
完璧です・・・何処にも盲点なんか無い!!安心してビデオを再生し始める・・・。
約5分後弟が帰ってくる。
別に見られたら困るようなビデオを見ていたわけではないのですが私はTV、ビデオを見るときは静かに一人で気兼ねなく見るのが好きなタイプです。
瞬時に種覚醒し弟の腹部に一撃!!「お前が生きていてくれたことは嬉しい・・・だが事と次第によっては貴様でも許さんぞ!!」お腹を抱えてうずくまっている弟に言い残し、弟の部屋を去りました・・・。
不確定要素のためビデオは明日に延期することにしました・・・。
「タイムアップだイザーク!!」「これ以上はこっちのエネルギーがもちません!!」ふとそんな言葉が脳裏に響きました・・・・。