カテゴリ別アーカイブ

鉄血のオルフェンズ

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」 #g_tekketsu
  • CHAOS;CHILD 第10話「迫りくる過去の記憶」 #カオチャアニメ #chaoschild #chaos_child
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」
  • CHAOS;CHILD 第9話「錯綜する思惑の行き着くところ」 
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」
  • CHAOS;CHILD 第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」
  • CHAOS;CHILD 第7話「 」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」
  • CHAOS;CHILD 第6話「侵した過去に間に合うために」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」
  • CHAOS;CHILD 第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」
  • CHAOS;CHILD 第4話「お話の裏側が妄想を始める」 
  • 2017 1/29 ニューイヤー東京大会
  • CHAOS;CHILD 第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」
  • CHAOS;CHILD 第2話「事件が彼らを嘯く」 
  • ラフタがどう見ても成長したフミナパイセン……
    鉄血のオルフェンズ
    この見た目、痴情衣装、どう見ても成長したフミナパイセンだ。
     

     
    前回までのあらすじ
    ・クーデリア先生のはちみつ授業
    ・三日月のすんごいプレッシャー
    ・昭弘ガチムチタイム

    鉄血のオルフェンズ
    ■アバン
    無しのいきなりOP。

    ■サービスシーン
    とても肌色です。

    ■五月蝿い社長
    あれだ、騒ぎまくって味方の弁護士困らせるタイプの人だ。

    ■名瀬・タービン
    声がアセムなフェリーニさん。

    ■名瀬がマルバに肩入れする理由
    マルバはテイワズ側に顔が広かった。

    ■名瀬って男はテイワズのトップ、マクマード・バリストンと親子の盃を交わしてる
    だんだんヤクザっぽい話になってきた。

    ■鉄華団の意思決定機関:三日月
    2話でオルガが「ミカが反対するなら辞める」と言っていたが、今回の場面は分かりやすくてオルガが三日月の顔色をうかがっている。
    オルガは組織の指針を出す人であって、最終的な意思決定は三日月であった。

    ■クーデリアはマルバの資産
    フミタンが黙っている当たり、何か知っている模様。
    単純に考えれば、ギャラルホルンにクーデリアごとCGSを襲わせる代わりに売ったってのが正解かな?
    この場合の売ったは人身売買とか娼婦とかそういう意味で。

    ■タービンズと徹底抗戦
    MSを持っているだろうとは予測しても、3体も出てくると予想していなかったであろう鉄華団サイド。

    ■アミダ
    Gレコのステアさんそっくりっすね。

    ■戦闘態勢
    やけにペタペタ艦内を走りまくっていたが、重力発生装置があったのか。
    見た目のボロさに反してかなり高性能だけど、鍋止めベルトとかなんかローテク感半端ない。


    鉄血のオルフェンズ
    ■ユージンちょろい
    消去法的に副艦長任せられるのはポジション的にビスケットかユージン。
    ビスケットはそっち方面の能力期待できないので、ユージンというわけかkか。

    ■百錬のパイロット達
    大人のお姉さん。
    監督が富野御大なら、水着で襲ってくるな。

    ■バルバトス不調
    15年メンテ無しで全力全開なガンダムXのと違ってメンテ不足で相当ヤバイ状況。

    ■「んじゃバルバトス 三日月・オーガス出るよ」
    発進シークエンスが脚部固定タイプじゃない主人公機発進シーンはなかなか珍しい。

    ■タービンズ
    艦内クルーも美女だらけ…とこれはつまり名瀬ハーレムか。
    要は鉄血版シュラク隊。

    ■ラフタ強襲
    なにげに可変機な百里。

    ■ガチムチVSムチムチ
    グレイズ改と百錬では流石にグレイズのほうが性能上だと思うけど、エース級が2人とか昭弘への負担半端ない。


    鉄血のオルフェンズ
    ■サービスシーン
    絶壁と山の差がよく分かる。

    ■クーデリアの髪
    真面目な話、緊急時にあの髪ヘルメットに入らないな。

    ■シノとヤマギ
    シノにバリバリ死亡フラグが立っていく…

    ■バルバトスVS百里
    百里がスピード重視なのもあるが、バルバトスが絶不調なのも辛い三日月である。
    しかも高機動型に対して単発発射破壊力重視の滑空砲じゃ分が悪すぎる。

    ■三日月苦戦
    まるでアトラがヒロインみたいな描写!
    あ、ヒロインだったわwww

    ■アンカーで百里補足
    チョコレートの隣の人の装備が役に立った。


    鉄血のオルフェンズ
    ■超絶回避テク
    物理法則を無視した操舵を見せた伝説の操舵士アーノルド・ノイマンばりの回避。

    ■鉄華団側の作戦
    スモーク弾でめくらまし→特攻に見せかけた高速すれ違い→ニアミス時にオルガ達を飛び移らせて白兵戦。
    要は身体能力にまかせたガチムチ作戦である。


    鉄血のオルフェンズ
    ■阿頼耶識手術
    阿頼耶識の手術を子どもたちに受けさせたことに対して引っかかる名瀬。
    流石道理とか道徳とか色々問題ある阿頼耶識のことを口にしたのはマルバの痛い失態である。

    ■昭弘気合
    昭弘の脳筋戦法でグレイズ改ボロボロになりながらも2体のエース級相手に引かずに追いすがる活躍。
    スパロボ辺なら鉄壁と不屈持ってそう。


    鉄血のオルフェンズ
    ■バルバトスVS百里決着
    メイスのパイルバンカ―で激突回避→足場作成→百里引き戻し
    クロスレンジならバルバトスに理がある…と思いきや百里から出てきた腕のせいでパイルバンカー不発。
    三日月の半暴走状態な攻撃からして、オルガが止めなければ双方とんでもないことになっていた所。

    ■交渉開始
    マルバのクズっぷりが名瀬に伝わったことで交渉のテーブルに無事つけた。
    ある意味、マルバサマサマである。

    ■鉄華団サイド
    主力であるMS2機のうち、バルバトスは不調の上中破でグレイズ改は大破。
    道案内もさることながら、修理及び補給がないとマジでヤバイな。





    鉄血のオルフェンズ

               ((_   
     おい、やめろ     `ヽ クーデリアとアトラの間に潜む格差社会
      〃´⌒ヽ   ( (( ))ノ. i  
      l 从ノハ )  (´ <_`*W   
      ノ_ノ ゚ ヮ)ハ  /  ⌒i    
    _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_i |    
    .  \/_  /   ヽ⊃  

    この記事に対するコメントの受付は終了しています

    この記事コメント

    名瀬さんは毎晩乱交パーティやってそう
    手に汗にぎるとはこのことよ
    阿頼耶識サポートなしでエース級とやりあえる昭弘ぱねぇ
    戦闘シーン見入ってしまった
    すごすぎ
    敵側のオペレーターの萌え声に吹いた
    フミナパイセン、ガンダム好きすぎてこうなったのか

    この記事へのトラックバック受付は終了しています

    この記事のトラックバック