コンテンツ
カテゴリ別アーカイブ

サイト内検索

  • CHAOS;CHILD 第10話「迫りくる過去の記憶」 #カオチャアニメ #chaoschild #chaos_child
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」 #g_tekketsu
  • CHAOS;CHILD 第9話「錯綜する思惑の行き着くところ」 
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」
  • CHAOS;CHILD 第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」
  • CHAOS;CHILD 第7話「 」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」
  • CHAOS;CHILD 第6話「侵した過去に間に合うために」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」
  • CHAOS;CHILD 第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」
  • CHAOS;CHILD 第4話「お話の裏側が妄想を始める」 
  • 2017 1/29 ニューイヤー東京大会
  • CHAOS;CHILD 第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」
  • CHAOS;CHILD 第2話「事件が彼らを嘯く」 
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第39話「助言」
  • レブリミット用にバイソンマグナムを組み始めたけど、そもそもバイソンマグナムがよく分からない。

    以下、ウィキペディアより抜粋
    ミニ四駆25周年を記念して作られた6代目のマグナム。外見は初代マシンのマグナムセイバーに似ている。
    ストーリーでは、書き下ろし漫画「爆誕!バイソンマグナム」に登場。全米大会に向けた特訓中事故により大破したライトニングマグナムを、豪が新シャーシ(現実世界のMSシャーシ)に適合させる形で修復。

     
      
    よく分からないの理由はReturn Racersにおいて星馬豪の最終マシンが2代前のビートマグナムになっている点。

    烈との最後の勝負に持ち出したのがバイソンマグナムでもライトニングマグナムでもなくビートマグナム。
    レースのきっかけとなった喧嘩直前のシーンでもビートマグナムをメンテしていたからビートマグナムを恒常的に使用していることはよく分かる。

    ライトニングマグナムではない理由はバイソンマグナムがライトニングマグナムを修復した姿だからで、ライトニングマグナムとバイソンマグナムは同時に存在し得ないもの。



    逆に言えば、マグナムの進化は「壊されて、修復する」というのが基本的なスタンスなのにビート→ライトニングの間は何らかの要因で別固体の新マシンを作ったってことになる。

    つまり、原作でのマグナム系はこうか。
    ・マグナムセイバー:溶岩の中に落とされ融けて消滅
    ・ビクトリーマグナム(ブロッケンGに潰されて大破)→サイクロンマグナム(ロッソストラーダ戦で中破)→ビートマグナム
    ・ライトニングマグナム→バイソンマグナム
    ・ウイングマグナム→Zウイングマグナム

    ちなみにアニメはこう
    ・マグナムセイバー(溶岩の中に落とされ融けて消滅)
    ・ビクトリーマグナム(マグナムトルネード中にレイスティンガーに刺されて粉砕)
    ・サイクロンマグナム(ロッソストラーダ戦で破損)→サイクロン・トライ・コブラ・エボリューション・ハリケーン・マグナム(ロッソストラーダ戦で中破)
    ・ビートマグナム


    時系列と固体違いが分かったところでなんだけど・・・

    結局、烈との最後の勝負に持ち出したのが2世代前のビートマグナムなのは謎。

    この記事に対するコメントの受付は終了しています

    この記事コメント

    ビートマグナムから先が分からない

    この記事へのトラックバック受付は終了しています

    この記事のトラックバック