カテゴリ別アーカイブ

鉄血のオルフェンズ

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」 #g_tekketsu
  • CHAOS;CHILD 第10話「迫りくる過去の記憶」 #カオチャアニメ #chaoschild #chaos_child
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」
  • CHAOS;CHILD 第9話「錯綜する思惑の行き着くところ」 
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」
  • CHAOS;CHILD 第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」
  • CHAOS;CHILD 第7話「 」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」
  • CHAOS;CHILD 第6話「侵した過去に間に合うために」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」
  • CHAOS;CHILD 第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」
  • CHAOS;CHILD 第4話「お話の裏側が妄想を始める」 
  • 2017 1/29 ニューイヤー東京大会
  • CHAOS;CHILD 第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」
  • CHAOS;CHILD 第2話「事件が彼らを嘯く」 
  • MAの恐怖を見せつけられる回かと思ったら、ただのガンダム最高の無能を生み出す回になろうとはな…
    鉄血のオルフェンズ
    いやぁ、イオク様マジ無能w
    ライドはこいつに3発ぐらい拳銃ブッパしていいと思う。
     

     

    前回までのあらすじ
    ・100秒でわかる!機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
    ・ヤマギ「おすなよ、おすなよ」
    ・戦犯イオク

    鉄血のオルフェンズ
    ■沈黙の天使ハシュマル
    最近、FGO7章で天使とか悪魔とか女神とか散々戦ったので、この手の名前のやつがアホほど強いのはよくわかっていたが、尻尾一撃でMS大破とかもう怪獣映画やw

    ■無駄だ。あれはそんなに生易しい代物ではない
    やりとりが完全にゴジラを呼び覚ましてしまった人たちの会話だ。

    ■イオク・クジャン…愚かにも程がある
    ガンダムNO1取れるくらいの愚かさである。

    ■サブユニット:プルーマ
    多くても9体ぐらいだろうと思ったら無限に増えんのかいw
    攻撃方法はなんというか、バクゥハウンド。
    やられる側は擬似的にブルデュエルのパイロットの気持ちを味わえます。

    ■イオク様の命はあなた一人のものではないのです
    部下が有能&いい人過ぎてイオクの無能っぷりが際立つな…とか思ったが、カルタ同様部下が甘やかしすぎてこうなった感ぱない。

    ■補給
    動力源は無限でも、スラスター用の燃料は有限。
    しかし、犬が餌を食べるかのように補給しに行ってるな。

    ■火星支部はファリド公の支配下だからな。偽情報の可能性もある
    ヴィダールさん、マクギリスどころかギャラルホルンも含めて全部死ね!の精神であっちこっちにミスリードブッパして行くスタイルですね。

    ■MAがいない
    殺戮が目的なので基本人がいる方へ向い、その途中で燃料補給する。
    ある意味、分かりやすいっちゃぁ、分かりやすいな。

    ■1/4
    1/4をなんとか理解しようとする三日月さんである。

    ■モビルアーマー…人を狩る天使達。そしてその天使を狩るために天使を真似て造られた悪魔・モビルスーツ。それを操るための阿頼耶識。
    天使の名前を持ちMAを狩るから、悪魔の名前を持つMS。
    そして、「人間存在の根本にある識」を持ってして悪魔を操る。
    ネーミング意味ありげすぎだろ。

    ■第三地上基地が壊滅
    イオクのせいで大災害に!

    ■落とし前の時間だ
    起動させたのはギャラルホルン。掘り起こしたのは鉄華団。

    ■プルーマの機能
    ・ハシュマルを修理できる
    ・ハシュマル、プルーマに補給ができる
    ・ハシュマル内にプルーマのプラントがあり、資材があれば無限に増える。

    なんだろ、このAGEで見た感じ。
    どう見てもシド!

    ■クリュセ防衛戦
    クリュセに近づかれたら最後、F91後半のバグによる殺戮ショーと同様のものが始まるな。


    鉄血のオルフェンズ
    ■大気圏突入サーフィン
    300年戦争なかった割には大気圏突入はお手の物感ある人達。

    ■開拓当初に造られたシェルター
    どう考えても死亡フラグなシェルター。
    そもそも、まともに稼働してるのか、それ?

    ■クーデリア達は逃げない
    シェルターに行ったらシェルター内で悲惨な目に合うか、トラウマ級の何かを見るかのどちらかでしか無いからな。

    ■クリュセを狙うなら必ずここを通るはずだ
    怪獣映画のノリだわ。

    ■ジャケットを着る
    久しぶりに現場の仕事で心なしかオルガが楽しそうだ。

    ■ヘルムヴィーゲ・リンカー
    グリムゲルデの改修機。
    石動が乗るみたいだけど、下手にグリムゲルデ系機体に乗せるとマクギリスと間違えられて襲われること必死なきがしなくもない。

    ■鉄華団の積み荷
    フラウロスの活躍は次回かな?

    ■これなら作戦の準備に余裕ができる
    鉄血ってどうにもこうにもフラグを爆発させたがるね。


    鉄血のオルフェンズ
    ■無能極まり
    視聴者のイオクへのヘイトがギアスの扇クラスまで昇華した気がしなくもない。
    イオク絶対に許さねぇ!

    ■南東には農業プラント
    イオクは生き残ったら家の全資材投げ打って火星の最高に手を課さないと真面目に許されないレベル。

    ■遊撃隊長
    鉄華団の遊撃隊長って言葉は何でもしていいに等しいからな。

    ■やった…やってやったぞ!
    確かに最悪なことをやってのけたな。

    ■いいから!もうあなたはおとなしくしていてください!
    意訳:このマジクズ、無能なんだからおとなしくしてろ。

    ■人間だけを殺す機械
    一度ロックオンしたら目標達成までずっと狙い続けそうだな。


    鉄血のオルフェンズ
    ■ライドのインターセプト
    俺は…不可能を可能に……

    ■ビーム兵器に対する知識
    チャドは地球にいる間にどっかで文献でも読んで知った模様。

    ■ナノラミネートアーマー
    対MA用の機体であるMSの装甲はやはり強力なアンチビームコーティングをされていた。
    っていうか、Iフィールドでも搭載されてるんじゃないか?ってぐらいの湾曲拡散してたな。

    ■後ろ
    ライド機で遮断されたかと思われたビーム砲は遮断でも貫通でもなくライド機の装甲で湾曲拡散されて農業プラントに直撃。
    イオク絶対に許さねぇ!


    鉄血のオルフェンズ
    ■どうあがいても絶望
    ライドがスターゲイザーのミューディの気持ちを疑似体験してるわ…

    ■フラグクラッシャー三日月
    さすミカタイムである。

    鉄血のオルフェンズ
    ■ヴィダールさんの介入
    前回は深読みしすぎなだけの人だったのに、「七星勲章」という言葉一つでイオクとラスタルを動かして自分の都合のいいようにマクギリスと退治できるようになってるから、謎の策士感ぱない。








    シノまで      ((_   
     ホモォだった      `ヽ  ヤマギは1期から疑惑あったけど、
       〃´⌒ヽ   ( (( ))ノ. i   シノもまんざらではなかったか・・・
       l 从ノハ )  (´ <_`; W    
       ノ_ノ ゚ ヮ゚)ハ  /  ⌒i    
     _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_i |  
    .   \/_妹_/   ヽ⊃

    この記事に対するコメントの受付は終了しています

    この記事コメント

    無能さん1期でいうカルタ枠なんだろうか...
    いつかそれなりに意地を見せるか、ただ引っ掻き回すだけなのか
    モビルアーマーのゴジラ感確かにあるわ
    ???「感情を処理できない人類は、ゴミだと教えたはずだがな・・・」
    砲弾やミサイルだけでなくビームにも耐性があるのか、ナノラミネートアーマー凄い
    絶対に許さねぇって仮面ライダー鎧武か
    >怪獣映画
    言われてみれば確かに

    この記事へのトラックバック受付は終了しています

    この記事のトラックバック