カテゴリ別アーカイブ

鉄血のオルフェンズ

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話

  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第49話「マクギリス・ファリド」 #g_tekketsu
  • CHAOS;CHILD 第10話「迫りくる過去の記憶」 #カオチャアニメ #chaoschild #chaos_child
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第48話「約束」
  • CHAOS;CHILD 第9話「錯綜する思惑の行き着くところ」 
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第47話「生け贄」
  • CHAOS;CHILD 第8話「錯綜する光と影に惑う思いは」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第46話「誰が為」
  • CHAOS;CHILD 第7話「 」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第45話「これが最後なら」
  • CHAOS;CHILD 第6話「侵した過去に間に合うために」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第44話「魂を手にした男」
  • CHAOS;CHILD 第5話「妄想の住人が騒ぎ迫る」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第43話「たどりついた真意」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第42話「落とし前」
  • CHAOS;CHILD 第4話「お話の裏側が妄想を始める」 
  • 2017 1/29 ニューイヤー東京大会
  • CHAOS;CHILD 第3話「彼らのお祭りのお話の言い分」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第41話「人として当たり前の」
  • 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第40話「燃ゆる太陽に照らされて」
  • CHAOS;CHILD 第2話「事件が彼らを嘯く」 
  • 「実物大ユニコーンガンダム立像」新プロジェクト始動!2017年秋、お台場にて展示開始!

    この際だから、一定時間ごとにユニコーンモード⇔デストロイモードの変形をするものを作って欲しいわw


     

    前回までのあらすじ
    ・ばかすか撃つ種並の禁断兵器の禁断状態
    ・そびえ立つ無能司令マクギリス
    ・対鉄華団バリア持ちイオク様
    鉄血のオルフェンズ
    ■お前…消えろよ
    三日月さんマジおこスイッチ入った…
    ジュリエッタちゃんマジで殺られるで……


    鉄血のオルフェンズ
    ■すぐにホタルビの仕掛けが作動すんだ。
    前回の作戦は2重の作戦であった。
    スーパーギャラクシーキャンンによる砲撃が成功可否問わずに追撃される→ホタルビのし掛けで逃げれるようにするという2段構え。
    しかしまあ、ここ一番という時はユージンのほうが覚悟決めてるよなぁ。

    ■三日月VSジュリエッタ
    完全にヒトとケモノの戦い。
    勝てないことを悟っているジュリエッタと、散々邪魔されて怒り心頭な三日月ではすでに心構えの時点でジュリエッタが負けている。

    ■違う…この人の強さは私の知っているどんな人間とも、いえ…最早人間では…
    アーマードコアだとイレギュラー扱いされるやつや。

    ■ジュリエッタギリギリ生存
    目から血を流して吐血。
    これ、なんとか生存したけどアインと同じく内蔵かなりやられてないか?

    ■へえ。まだ生きてる
    まるでゴミを見る目な三日月。
    っていうか、これが主人公のセリフ……

    ■シノが失敗したんなら俺がやらなきゃ
    鉄華団としてはシノが失敗した場合→撤退だけど、三日月だけは自身がラスタルを倒しに行く気だった模様。


    鉄血のオルフェンズ
    ■ジュリエッタ…お前は…
    ラスタルのためじゃなく、「私の失敗の汚名をそそぐために…」とか思ってそうなイオク様である。

    ■マクギリスVSガエリオ
    阿頼耶識VS阿頼耶識なので石動視点では互角なんだけど、性能的にキュリオスヴィダール>バエルな上にアルミリアに負わされた手の怪我でだいぶ押され気味なマクギリスである。

    ■お前の信じる力でお前を殺した時俺達はようやく分かり合えるだろう
    なんだかんだでマクギリス大好きなガエリオである。
    前回のガエリオVS石動が元カノVS今カノってのも結構そのとおりなのかもしれない。

    ■困った女だ
    幼女を女と呼ぶロリコンの鏡マクギリス。

    ■さよなら石動
    Cパートのことを考えると石動浮かばれなさすぎてやばい。

    ■明日の夢も見られない
    ここまで歪んでる世界だと、ラスタルが完全勝利しても同じ反乱が数年単位で起こる運命だよな。


    鉄血のオルフェンズ
    ■撤退戦
    ランドマンロディが!

    ■今後
    最後だったはずが手痛くやられて今後とは。

    ■シノのいない場所になんて
    Bパート最後の展開がなかったら、ヤマギが謀反犯し始める展開あったで。

    ■正論のザック
    彼が何故正論を言えるか→鉄華団で数少ない修学者でかつ帰る家と家族を持つ者だから。
    つまりビスケットと同じである。
    逆に言えば、修学してない&帰る場所がない者の集まりである鉄華団にとっては異質な存在だった。
    鉄華団が潰れてもザックには次があるが、他のものには無い。
    負けると生きる理由と術を失くすものとあるものの差。

    ■生き残ってくれてありがとなデルマ・アルトランド
    片腕がなくなってしまったデルマだけど、昌弘もアストンもラフタも死んでしまった昭宏からすれば生き残っててくれただけでもありがたいということ。

    ■火星支部の戦力がある
    なんで火星支部の戦力使わなかったかといえば
    ①火星支部の戦力を連れてきたらラスタルに感づかれる
    ②バエル起動でどうにかなるはずだった
    ③アリアンロッド艦隊との戦闘までに火星支部の戦力を地球に連れてくる暇がなかった

    ■ホームの火星なら戦力差を鉄華団ならひっくり返せる論
    オルガとユージンはマクギリスをこの場で袋たたきにしてもいいと思う。
    っというか、何故この状況でここまで偉そうなのか > マクギリス。

    ■アトラさん。なんか変わりました?
    あーっ!アトラが大人の女になってしまった!あーっ!!!
    つまり、心身共に正妻となった女の余裕か…


    鉄血のオルフェンズ
    ■ガエリオとジュリエッタ
    戦後、生き残ってたら結婚しそうな雰囲気醸す二人である。

    ■人のまま強くなる
    ジュリエッタは阿頼耶識を拒否したけど、あの整備長は何かやらかしそうだよなぁ…

    ■あんたがそんな腑抜けててどうするんですか!
    完全に夫を殺された未亡人の怒りそのものである。

    ■やっぱヤマギってよぉ。俺のこと好きなんかな?
    公式にホモカップルだと明言してくる夕方5時のガンダム。
    おい、マリーてめぇ!

    ■いろんな奴がいるここが俺は好きだ。守りてぇよ鉄華団を
    シノの器の大きさがメタル刹那クラスに!

    ■迷わねぇことだ。お前の全部を俺にくれ
    オルガやっと覚悟完了したけど、だいぶ手遅れ感ある。

    ■マクギリス・ファリド…元准将
    マクギリスの職業が准将からアグニカ・カイエルの真似するだけの人にランクダウン!

    いや、もうこれ、アーマード・コアネクサスの最後に飛来した特攻兵器によって世界を壊滅寸前まで持っていってもらう並のことが起こらないともうどうしようもないでしょ…
    火星の何処かに埋まっているMAがいっぱい出てきてどうにかしてもらうしかないな。






    想像の向こう側  ((_   
     過ぎるわ!       `ヽ  
       〃´⌒ヽ   ( (( ))ノ. i   マクギリスが最後に裏切ってラスボスマクギリスって展開だと思ったら
       l 从ノハ )  (´ <_`; W    マクギリスが周りに裏切られまくる謎展開……
       ノ_ノ ゚ ヮ゚)ハ  /  ⌒i       
     _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_i |       
    .   \/_妹_/   ヽ⊃

    この記事に対するコメントの受付は終了しています

    この記事コメント

    三日月が人類種の天敵になるENDがあるかもしれない
    最後にMAの群れが起動して劇場版だろ
    マクギリスの隣に誰もいなくなったな…
    >マクギリスが最後に裏切ってラスボスマクギリスって展開だと思ったら
    いや、まだ分からんよ。
    土壇場でマクギリスが寝返って鉄華団全滅、唯一生き残った三日月との一騎打ちって展開も・・・
    最終回でアトラが三日月の子を身籠っていて…という場面まで想像
    ガンダムで公式にホモ認定するのやめてほしかった
    >特攻兵器によって世界を壊滅寸前まで持っていってもらう
    鉄血のオルフェンズラストレイブンが始まるのですね、分かります

    この記事へのトラックバック受付は終了しています

    この記事のトラックバック