カテゴリ別アーカイブ

鉄血のオルフェンズ

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 13話 14話 15話 16話 17話 18話 19話 20話 21話 22話 23話 24話 25話 26話 27話 28話 29話 30話 31話 32話 33話 34話 35話 36話 37話 38話 39話 40話 41話 42話 43話 44話 45話 46話 47話 48話 49話 50話

溜まりに溜まったヘイトを忘れた頃に消化しようとするイオク様最高です。
鉄血のオルフェンズ
*     +     巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    やっとイオク様くたばったぞー!!!
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――

……いやまじで、今回これくらいしか無いんだが。
 

 
 
前回までのあらすじ
・三日月の一発芸「グレンラガンのシモンの真似」
・忠犬ハッシュ死亡
・マクギリスの遺言「ロリコンに優しい世界を作りたかった」
鉄血のオルフェンズ
■坑道開通
しかしハッシュ死亡。

■エルガー死亡
開幕30秒でいきなり死んだぞ。

■仕事を果たせ。副団長。
前回から的確な指示を出す裏団長。
やっぱり、この作品で話動かすのに足かせになっていたのはオルガの存在だったんじゃ…
三日月にオルガの役割全部押し付けたほうが全体の流れがもうちょっと良かったと思うよ。

■ここは筋肉隊が引き受ける。行けよ流星隊!
筋肉隊と流星隊がついに正式名称にw
つか、画面の筋肉率が半端ないんだがー

■これ終わっても担いで逃げてやんねぇからな
昭宏が残ったのって三日月が残るのに自分が残らない訳にはいかない&三日月を担いで逃げる……の2つのために居るんだな。

■最後の発進
何だかんだで名乗っての発進はかっこいいと思うのよ。


鉄血のオルフェンズ
■イオク出撃
そろそろ視聴者のイオク様へのヘイトが「忘れる」って方面で薄らいできたところでフラグ回収しにくる本当に空気読めない御仁だ。

■ライドの涙
自分をかばって団長が死んだ…は拗らせる最大の原因となってしまったな。

■脱出成功
いい加減団員服というか鉄華団ジャケットを脱げ!
町中やで!

■ダインスレイヴ
実弾でのザンネックキャノン。

……っていうか、せっかくビームが使えなくて格闘戦メインの設定になったのに、高性能狙撃兵器で主人公側大打撃展開やめてくれませんかね?


鉄血のオルフェンズ
■三日月の記憶
オルガから「目的」を貰った時に居間の三日月が形成された=これが一番古い「三日月」としての記憶。
で、結局最初二重で撃ち殺した人は誰だったんですかね?

■再起動
なんか、もうエヴァ暴走感ある。


鉄血のオルフェンズ
■対MAモード起動
明らかに大破している機体が暴れまくっている上に自分たちより強いとか恐怖でしか無い。
「悪魔」呼ばわりは大概あってたな。

■最後の相手はジュリエッタ
対MAモード起動中とはいえ、慢心相違のバルバトス相手ならどうにかなりそうなジュリエッタちゃんである。
ダインスレイヴ掃射前に交戦してたら間違いなくやられてたな。

って思ったら、ほぼ戦わないで終わりでござった。


鉄血のオルフェンズ
■君の名は
その名前…お前がぁー!!

イオク様も名乗んなきゃよかったのにw

■イオク様死亡
少なくともギアスR2で扇生存という事実と比べたらイオク死亡分、ヘイト管理という視点ではギアスより上だった気がしなくもない。

■昭弘死亡
最後の最後にラフタと名瀬の仇が取れただけマシだったかな?
お疲れ様、昭弘。


鉄血のオルフェンズ
■大義
ジュリエッタはある意味、一番鉄華側に近い出自なのに、ここまで鉄華団の心境を1ミリも理解できなかったのが分かる会話。
っていうか、ラスタルの毒されすぎたのか?

■俺達はもう辿り着いてた
三日月死亡?
最終的な場面が無いから分からんけど、8割型死亡かな。
生きていてもギャラルホルン側の阿頼耶識実験体にしかならないから死んだほうがマシか…

本編中に5体不満足とか敗戦エンドとかは今まであったけど、主人公死亡はガンダム映像作品中では初だな。

■勝ち名乗り
終戦。

■なんというか
三日月、昭宏、お疲れ様。


鉄血のオルフェンズ
■マクギリス・ファリド事件と呼ばれた一連の騒動はマクギリス・ファリド本人の死によって幕を下ろした
アグニカの真似大好き無職さん、事件の名前になってたw

■後日談
単純に3~5年後ぐらい?

■ギャラルホルンの威厳が復活
こんな内輪もめ+背後のヤクザ殲滅した程度で威厳が復活するギャラルホルンの安っぽさ。

■セブンスターズ解体
…まではいいんだけど、初代代表にラスタル就任ってところにギアスR2の扇が日本代表になってるのと同じぐらいイラッとした。

■経済圏の支配から脱した火星の各都市は火星連合を設立。連合議長としてクーデリア・藍那・バーンスタインが就任した
クーデリアさん美人になったなー。
さて、美人クーデリアはともかくとして、これはヤバイ。

・ラスタルはクーデリアと鉄華団の関係を知っている
・ノブリス&テイワズはラスタルと協力関係
・元タービンズの面々はマグマードの内諾の元、鉄華団を地球へ送り届けた

上記からしてラスタルはクーデリアの周囲が元鉄華団の面々で構成されていることを知っている。
つまり、火星側がラスタルの意図しない動きをしようとしてもクーデリア周辺がスキャンダルだらけなので、情報をちらつかせながら火星の政治コントロール可能なギャラルホルンの傀儡政権ということになる。

一応は平和になりましたと思わせておいて、実はクーデリアが目指した火星独立は傀儡政権だし、鉄華団の存在が完全に足かせと言うオチ。
こ れ は 酷 い 。

■バエル封印
結局、この整備長はなんだったのか。

■墓標
鉄華団が公の組織としては駄目になったので鉄華団マークを剥がそうとした跡&おそらくライドが刻んだであろう三日月達の名前が生々しい。

■ヒューマンデブリ問題解決
これって言ってしまえば奴隷解放並に大事なので、ラスタルは名大統領として歴史に名を残すな…
この汚い大人が勝った世界。

■クーデリア様のピアスが鉄華団
デザインを職人に依頼する時、すげー変な顔されただろうな。

■ユージン
クーデリアの秘書になってた。


鉄血のオルフェンズ
■ガエリオ
先週あんなに長話をして話途中にマクギリスが力尽きてしまうという失態を犯したガエリオさん。
何故か下半身不随に…
もしかして最後の阿頼耶識はアイン停止後だから阿頼耶識の後遺症?

■ジュリエッタのガエリオ
何だかんだでくっつきそうですな。


鉄血のオルフェンズ
■蒔苗死亡
タカキ君の就職事情が…とか考えたが問題なかったぜ。

■お嬢
お嬢呼ばわりからもう完全にヤクザじゃんか、もー!

■生き延びた鉄華団その後
・クーデリアの政治家としての秘書
・アドモス商会の社員
・アドモス孤児院職員
・整備工(おやっさん&ヤマギ)
・ザックの親父関連の職場に就職
・家庭に入った(アトラ、メリビット)

他にライド達復讐派がいる模様。


鉄血のオルフェンズ
■最後の日曜日のけじめタイム
サウナのおっさん死亡
よりにもよってトイレの個室とかw

■その後のライド
オルガのスカーフに三日月の銃。
一番引き継いでは行けないものを引き継いじゃったなー

■ノブリス死亡によるリスク
ラスタルにクーデリア関連のスキャンダル握られている状態でノブリス死亡。
なんだかんだで優秀な交渉役であったノブリスが居なくなったので、スキャンダルネタチラ尽かしながら直接クーデリアに要望伝えてくるようになる。
結局傀儡度が加速して1期開始時にまで戻るんじゃ・・・


鉄血のオルフェンズ
■アトラママ
バブミを感じる…

■暁
髪色がアトラと同じになった三日月としかいいようにない三日月とアトラの子。
三日月さんは百発百中だったか。

■エンディングの写真
暁が見ていた…っていうのがこの写真でしたという話。






                       \ヽ   ,.
      _ , ‐ ' ゙ ゙̄ヽ,           / \   _,.イ    /  ,.  ,.
     , '゙          )          /    \  ─┼─ /| _,.イ,,.ィ'
   ,ノ!,'         ◎/\    ../       \ . ノ    |  |  | イン
. --─- ノ゙!,/         ,' \\
i;  ノ゙!,!゙         ゙i, ノ \ \\
゙'゙ ,!V         ,゙゙ :, \\\ \         `゙''‐、_\ | / /
  !!.,i         ノ゙,  .'.,   \   ──────‐‐‐ ・←マリー
  ! !_!_     ,'゙  i.,_ ゙, \   .へヘ        / / | \
  ! .!_!    ,゙   ゜ ゙!i,'     / /ノ⌒ヽ    / ./ |  \
    i..i'i   ,゙        \   i  ノ ノノ)  /  /  .|∴・  \
  ゙.. ',   !              从 ノノノノ||) /  ../....∵|:・.∴・
   '!,',   !           /} ’ "  `、     / ∴・|∵’∵・
    ' ,   ',,         / ,.イ     /./     /  .・:・|.∴:・.
     \  ' .,      / /ミノ__  /´.
         \,. ゙' , __∠_/ ∠____|、
          ゙ ' ;"  @巛 /」」」」」」」| ゙ 最低の最終回だった
            ^^^    \'!'⌒Y’    
                   ソ  ./
視聴者馬鹿にするのもいい加減にしろ!!

        Λ_Λ . . . .: : : :::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: :
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄
終盤があまりにあれだったのでお怒りなのも分かりますが…
ここは穏便に、穏便に…ってできるか!!


マリーは大人しく  ((_   
 恋愛物やってろ   `ヽ  
   〃´⌒ヽ   ( (( ))ノ. i  マリーは滅びの美学でも書きたかったんかね?
   l 从ノハ )  (´ <_`; W    それにしては毎回ワンパターンな死亡シーンに
   ノ_ノ ゚ ヮ゚)ハ  /  ⌒i       めっちゃくちゃ強引な全滅フラグ
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_i |       
.   \/_妹_/   ヽ⊃     酷いにも程が有るわ!


そんな訳で鉄血のオルフェンズ最終話でした。
何ていうか、マリーっていうシナリオライターの悪いところが凝縮された終盤展開に、大人しく全体のプロットだけ作って他のガンダムやったことあるライターに全部任せでよかったのでは?としか言いようがない展開でした。
ある意味、最初or序盤から酷い事がわかってたデス種&AGEのほうがまだ良かったような気がしなくもない。

っていうか、任侠物がやりたかったのか、滅びの美学的なのを書きたかったのかさっぱり分からんw
 

この記事に対するコメントの受付は終了しています

この記事コメント

「新進気鋭のクリエーター」とやらにガンダムを弄らせるとこうなるってことが分かったでしょ>サンライズ

「鉄血」にガンダムを語る資格はないわ。
チョコギリスがダインスレイブ使うならともかく、ラスタルが使いまくるのはどうよ?と思うのですよ
例外的に一度だけならまだしも終始ダインスレイブ虐殺ショータイム。
そんなことするぐらいなら近接戦闘メインの設定になどしなければいいのに。
ラスタル様大勝利だわな
>一応は平和になりましたと思わせておいて、実はクーデリアが目指した火星独立は傀儡政権だし、鉄華団の存在が完全に足かせと言うオチ。


ラスタル様大勝利すぎてモヤモヤする
なーにが「きぼーのはなー」だふざけんな
脚本家の頭は一面ラフレシアで咲き乱れてんのに
ウン年後で、やたらみんな等身伸ばしてキャラデザされてるの。よくわからんところに予算使ってんな...
終盤でダレたのはさすがに否めない でも毎回ガンダムは最悪最悪言われてますね
続編もありそうな終わり方だからやって欲しい この終わり方は納得できないし
Twitterで見かけた面白そうな話は成長したアルミリアがマッキーの志を継いで生き残った革命軍やライド達とコンタクトを取り暗躍する・・・ってどこのフレイさんですか?とかだったらいいなと思う

円盤コメンタリーで、
1期ではフミタン死亡時に「監督・マリー」が「他の誰かも殺す?」
ってなってスタッフが止めた、と。
2期では当初ラフタは生存ルートだったが「監督・マリー」が
「誰か殺しとく?」でラフタ死亡ルートに変わった、とか。

>マリーっていうシナリオライターの悪いところが凝縮された終盤展開に、
大人しく全体のプロットだけ作って他のガンダムやったことあるライターに
全部任せでよかったのでは?

↑本当にそう思う。
その場その場の製作段階でキャラの生き死にを監督・構成の判断で変えたから
2期は”こうなってしまった”のではないか。
全てにおいてラスタル完全勝利な上に、鉄華団どころか火星側バッドエンドで胸糞悪い
脚本家の頭はハッピーセットかよ
腐敗の象徴として描かれたラスタルが世界をどうにかしましたとか正気の沙汰じゃないだろ。

「こいつ死なせとけば満足するだろう」
と強引にコロコロされたイオク様とかいう脚本の道具

この記事へのトラックバック受付は終了しています

この記事のトラックバック