化物語 10話「なでこスネイク 其ノ貮」

せーの!

のっけから撫子全開です。
ありゃりゃ木さんの身長が165㎝に対して、撫子は頭一つ分小さい…
この子の身長、130㎝台の可能性があるよね。


神原と撫子が揃うと、エロ描写が酷くなるw
シャフトならやってくれると信じてたがマジでやってくれたよ。
しいて言うなら、紙芝居が酷い(もはやヤシガニレベル)のと、端折られてる場面が多いのが気になるところ。

蛇の真相は…
撫子を逆恨みした子が蛇の呪いを欠ける(未発動)
 ↓
撫子があわてて解除しようとする
 ↓
解呪に使用した場所が場所なので、逆に呪いが発動してしまう


という流れ。更に言うなら呪ったのが二人だったので、蛇は1匹じゃなく2匹。
ありゃりゃ木さんじゃなく忍野だったら見分けられた可能性が高いけど、忍野はこの場所に来れない(この神社に踏み入れるとよくないことが起こる)というどうしようもない状況。
今回の話は…撫子は変に正確な解呪を行なう、ありゃりゃ木さんは犯人をも救おうとするという余計な行動が目立つ話。
ある意味、この話は前提にある傷物語と同じで皆で不幸になったという結末。
今回の話って忍(キスショット)がこなければ起こらなかった話でもあるんだなぁ…
まあ、それはありゃりゃ木さんにも言えることなんだけど。


そういえば、原作ではどちらかは分からなかったのにアニメだと残った呪いは男の方だって判別したけどどうしてなんだろ?
どうやって見分けたのかさっぱり分からん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。