探検ドリランド第25話「さらばパーン」

パーン……今までありがとう……
登場シーン以外でほとんど役に立ってくれなかったけど……

 
・一人残された者
前を歩く三人+その先を歩く一人
そしてその後に続くようにして一人歩く、残されてしまったパーン。
覚醒回がないどころか、スポット回すらほとんど用意されてないと思ったら、ここに来てついに注目されましたよ。
よかったね、タイトル的に消えそうだけど。
・ほれ! ほれ! ほれぇ!
「ねぇねぇ、どんな気持ち?」
ポロンうぜぇぇぇぇぇ
いや-、強武装手に入れたところで、ポロンさんはポロンさんだったわ。
・たった一人何も変わっていない
フォローどころか追い打ちかけてますね、さすが気のきかないウォーレンスさん。
ここまで的確に相手の敵をえぐるとは、修行で技に磨きがかかってしまったようですね。
・放浪するパーン
やさぐれすぎて地獄兄弟にでもなりそうな雰囲気になってしまった。
しかし何も無い路地裏に、街のチンピラっぽいハンターも、パーンも何の用があったんだろうね。
・槍術兵団
国最強の、とは言ってるけど、対モンスターにおいてなのかね?
一応ドリランド世界も結構な数の国にわかれてそうだけど、やっぱり国同士の戦争もあるんだろうか。
国の間の移動がわりかし自由なのを見ると、今のところはそういう雰囲気なさそうだけど。
・訓練生時代
他を蹴落とし、一切馴れ合わず、ただ力だけを……って見事なまでの厨二病じゃんよ。
もうね、ここまでどストレートに再現されるとこう、頭がね、痛くもなってくるもんだよね……。
・私に良い考えがある
某変形マシンアニメの司令官思い出した。
失敗フラグだと思ってたら、全くもってそんなことなかったぜ。
・自己鍛錬の旅を続けていたパーン
何が自己鍛錬だ、喧嘩ふっかけてまわるだけじゃねーか……。
・魔族による勧誘
ただし実力行使。
防御力もパワーも上がり、闇を操れるようになるわよ!
厨二病が抜けきってなかったパーン君には、あまりにも魅力的なお誘いで。
・助けに入るミコトたち
俺を助ける……だと……?
仲間が一瞬にして憎い相手に変わった瞬間である。
・パーン裏切り
案外簡単なことがトリガーで裏切ったなぁ……。
まぁミコトたちほど世界を守るって明確な目標があったわけじゃないパーンからしたら、案外世界の行く末なんてその程度のものなのかもね。
・魔族側についた人間たち
まぁ裏切り者ってレッテルは変わらないわけで、やっぱり扱いとしては低くなるんですかね。
実際いくら魔族側でも、力を手に入れた瞬間に、再度裏切られたりしても困るんだろうけど。
はいどーも、三期ありましたね。
魔界側の情勢がほとんど見えてなかったから、まぁわかりきったことではありましたけどねー。
注目されないなーと思ってたら、パーンさんはまさかの裏切りキャラでした。
ちょっと意味合いは違うけど、某聖騎士だったり暗黒騎士だったりする弟と同じように、二つの力が使えて最強になれるんでしょうか?
まぁパーン程度には厳しい話でしょうけどねぇ……。
さて、次回はストレスに耐えきれずにパーンの髪が全部白髪になる回らしいです。
我らのミコト姫を裏切った痴れ者がどれだけの責め苦を受けるのか、今から楽しみですね。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。