まじめにレブリミットマシンを考えてみた

貴重なマグナムセイバーポリカを贅沢に3つも使って初期セイバー3種作り上げました。

…ふと思ったけど、セイバーのカウル部分を切り取ってアバンテのポリカに組み合わせればプロトセイバーをポリカで再現できるのではなかろうか?
 


 
つい先日、タミヤ新橋で行われたレブリミット大会に参加していました。
予選は突破したものの、決勝トーナメントはバンク後に停止する電源トラブルで敗退。
まあ、電源トラブルなくてもスピードが出てなかったのでその試合勝てても次で負けでしたでしょう…
その時投入したのはソニックセイバー。
ローハイトではなく小径にして組んだところ、シャーシの地上高が1ミリとぎりぎり。
これがどうやらユーロシステムと同様の状態になっているらしく、マスダンパー無し&ブレーキ無しでも跳ねない。
これは突き詰めたら面白いのではないかと改良したのがこちら。

※ケモノ杯とやらに出るためにケモノを乗せています。

ダンパーやブレーキの代わりにフロントを長くする事でスロープ入り口でタイヤを空転による減速で低くジャンプさせて、ユーロシステムによって着地も問題なし。
しばらくはこれで遊んでみようかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)