平成最後の日にレースやろうぜ! SIG杯参戦

SIG.WORKSのSIGさんが初主催するレースがハイライフプラザいたばしであったので参加してきました。


企業協賛は無いってSIGさんから聞いてましたが、行ってみれば運営スタッフがDRIBARやきんぎょ等ある意味企業協賛状態でちょい面白かったです。
っていうか、関東オールスターレースでした。

当日のコースレイアウトはこんな感じ。

平面図は出てましたが、立体部分はコースの借り出し状況にもよるので当日までお預けでした。
っていうか、MARからもコースレンタルしているから実質3日連続MARだったのか…

スタート直後の2段が皆セッティング出せなくて苦戦していました。
練習走行の頃は「完走すれば1次は抜けられる」ぐらいな状態だったので速度落として安定に走るとジャンプレーンチェンジが抜けれなくてCOするのでなかなか難しい。

今回持ち込んだ車体はこれ。

まあ、ARは走らせなかったのですが。
こういうThe立体って感じのコースだとフレキ強いよねってことでウェイブライダー持ち出しましたが、前回の破損を応急修理(カーボン粉とプラリペア)しただけなので強度が不安でしたが、デジタル無いので行けると判断しての続投。

ピットの準備ができたら13時半までの無制限練習走行と15時まで30分×2回の練習走行でMARで引き当てた当たりのハイパーダッシュをピンクブレーキで止める方向でセッティング。

2回目の練習走行で上記のセッティングでどのレーンでスタートしても完走し、速度もそれなりには出ているので本戦へ。

■1回目
トップで2周めに入るも、2段のところで後続車の上り途中での着地とこちらのジャンプのタイミングが重なって衝撃で吹っ飛びました。悲しい。
ある意味同時侵入でのことなので、こういうこともあると割り切って破損はないか見直し。

■2回目
問題なく完走するも2位。
ただし、途中で走路妨害1週目で先行した爆速マシンが逆走してぶつかったのと直前まで互角の勝負を繰り広げていたのもあったので、電池交換してもう1回走って完走出来たら1次通過と言われて再走して通過。
ただ、2走目で確実に入れようと電圧を下げてしまった…

2次予選は電圧落としたのが仇になってコース1枚分差をつけられて負け。

■敗者復活1回目
3台とも並んだ状態で2周めの2段に入ってジャンプした結果、1回目の同時侵入のように全台CO。
同時侵入の衝撃で吹き飛ぶのだけは対策考えつかないので、しょうがない。。。

■敗者復活2回目
一緒に走ったのが爆速車で、ここに来てセッティング出せたのか引っかかりながらも全セクション通過しきってしまったので速度負け。

ってことで平成最後のレースは2次予選まででした。



最後に同じ卓で記念写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください