かまいたちの夜2 監獄島のわらべ唄


タイトルからして怖いイメージがありますが、前作と比べると全然駄目でした。




前作ほどのおもしろさはないけど、前作と比較しなければそこそこ楽しめるとは思う。
近作は金田一少年の事件簿のように練りに練られたストーリ、効果的な演出など注目すべき要素も非常に多いと思う。
他にもフローチャートの便利さ、笑えるバッドエンドなんかは非常に評価できるもの。

「官能篇」のエロ描写なんてPS2のゲームの癖に下手なPCエロゲーなんかよりエロいかと。
これが許されるんやったらエロゲーをそのまんま移植してもいいんじゃないか?ってぐらいのレベルですね。
とりあえず、前作の続編と思ってやらなければ割と楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。