翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」 

機動戦艦ガルガンティアが始まるかと思ったけど、そんなことはなかった
ガルガンディア
あれだけ凄そうな兵器で撃つのがアレかいw
 


 
ガルガンディア
■ストライカーの目的
レドとチェインバーは共存を唱えるけど、ストライカーはあくまで支配を目的とする。
命令したクーゲルが居ないため、どこまでも忠実に守って暴走してしまった果ての結果だけど、仮にクーゲル中佐が生きていたらどうなったもんだろうか。

■クーゲル中佐
やっぱりレドと違う時間に漂着した感じがするんだよなl…

■ピニオン
実は影の主人公とも言える立ち位置でありました。

■機械化融合措置
要はインテンションオートマチックシステム。
手動で操作するより、思考で操作すればロスがないというアレ。
やっぱりこの手の装置はダメージフィードバック等が半端無いらしく銀河同盟の技術を持ってしても5分が限度らしい。

ガルガンディア
■エイミーとの再開
ガンダムだったらエイミーは撃たれてた。

■ガルガンティア砲
システム自体は古代文明の異物感が半端無いというかナディアなんだけど、ぶっ放している砲弾がロブスターのブースターパーツとなんとも言えないものであった。
廃棄処分ワロス。

■チェインバーとレド
戦闘の中でレドの成長を確認し、彼を生存させるために融合を解いたあたり既にAIという枠組みを超えているチェインバー。
もしかして、チェインバーのAIは人口進化理論でも組み込まれていたのだろうか謎。

■さよならチェインバー
フルメタのアルに立ち位置が似ているなぁとは思ったけど、最後までそうであった。
ガルガンティアの物語を地球定住で完結するにはチェインバーとの別れがあると思ったけど、まさかの自動操縦での特攻であった。
くたばれ、野郎!は名言。

ガルガンディア
■週刊青年ピニオン
まさかの一番の勝ち組であった。
爆ぜて、アーチャー!

■考古学
ピニオンはクーゲル大佐の件で止まったけど、考古学やらサルベージやらやってたらいつかまた同じ事を繰り返す人が出てきそうな気もする。
まあ、その辺の戒めを含めての考古学なんだけど。

■レド
ガルガンティア定住確定。
チェインバーを失ったのは大きすぎる代償だけど、可愛い彼女出来たんだからまあよしか。
…銀河同盟から嫉妬に狂ったミレイカちゃんが追っかけてくる展開マダー



■翠星のガルガンティア 総評
  __
 /Y´  `ヽ  
//iミル从ルリ   黒虚淵な時もあったけど、
W´d| ゚ ヮ゚ノ|    基本的には白虚淵でしたね
//(__つ/ ̄ ̄ ̄/ 
 ̄\/ウンガー/  

そんなわけで、基本的には白虚淵最終話でした。最終回は白虚淵でした。
上でも書いたけど、黒虚淵な時もあったけど、放映前発言通り兼兼白虚淵だったので割りと好印象だと思います。はい。
残された伏線とかも資料集で回収できるし、今後もそこそこ展開が残されているでしょうからその辺楽しみです。



レドの銀河同盟時代のスピンオフ ガルガンディアZEROはいつやんのw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください