ミニ四駆グランプリ2018 Spring東京大会2

シュタゲ3話のレビュー書こうと思ったけど、相変わらずうちではMXで見たのにが上手く録画できないのでBS11待ち…
ってことで、いい加減この間のミニ四駆グランプリ2018 Spring東京大会2のことでもと。

そんなわけで4/22に品川シーサイドで開催されたスプリング東京大会2に参加してきました。

今回は前回のセッティングからフロントのダンパーを重めにしてドラゴンバックで早めにフロントが下がるように変更し。
タイヤは公式戦=スタート台がある ので4輪ともハーフのローフリクション。
モーターとギアをパワダ+3:7.1の組み合わせに変更。

で、結果は‥

1次予選突破、2次予選敗退。

■1次予選(2コーススタート)
スタート2テンポぐらい出遅れるも、1週終わる頃には3位につける。
スピードは一番早かったのでこのままなら行けると思ってたら1位のマシンがドラゴンバックでコースアウトしてこちらのレーンに入って正面衝突。
マーシャルが手間取っている間に2位のマシンに1メートル以上引き離されたので、これは申告せにゃならんなぁ…とか思ってたらそのマシンも3週目のドラゴンバックでコースアウトしてあっさり1位奪還。
直後に後続2台も4週目で吹っ飛んでいって何事もなく1位のまま完走。

■2次予選(2コーススタート)
また2コースかい!
2次予選始まるぎりぎりまで速度勝負するかどうか考えてスプリントにするべきかなぁ…とか思ってたのですが、結局やめて電池だけ交換してそのまま特攻。
スピード足らずに3位完走終了。
やっぱりスプリントにすべきだったか…

ってことで今回は2次予選敗退。
誰かが言っていたけど、2次予選は賭けに出るべきってのはその通りだなぁ…と思いました。
ジャパンカップ当選するといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)